WEB PARTS
CATALOG DX

WebパーツカタログDX

部品事業・アフターサービスのDX化が
製品メーカーの業務自動化、収益向上に繋がる

Webパーツカタログ サンプル作成無料キャンペーン

WebパーツカタログDXは
モノづくりの新たな基準に。

従来のパーツカタログは、カタログの中から情報流用がアナログなため利用者にとって単方向なメディアでした。対してWebパーツカタログは、デジタル化されたカタログWeb上で運営することにより、部品の特定や発注など利用者にとって双方向なメディアとなるため、Webパーツカタログを導入することで、企業は時間、場所、人における効率化の実現が可能となります。

WebパーツカタログDXはモノづくりの新たな基準に。